蝶・カミキリ・昆虫を楽しむ!(九州・沖縄を中心に)

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

今年は複数が採れたクロキスジトラカミキリ(2017.8.22)

カミキリ屋さんにとって、キスジトラカミキリと言えば初夏には平地や低山帯では伐採木や
倒木などに幾らでも居るし、夏の山地帯ではノリウツギなどを掬うとバラバラ入るといった
超普通種という印象の強いものと思います。

僕も10年ほど前までの四半世紀は関東で暮らしていたのでこのトラカミキリの普通種振りは
強く頭に刷り込まれています。
ただ僕の地元の九州ではそこまで多いものではなく、関東近辺の体色がかなり黄色っぽいのに対し、
そこそこ地色が濃くなる特徴があります。

そして屋久島の本種は黄色の斑紋を除きほとんど「真っ黒」で、これがクロキスジトラという
亜種名の所以ですが、黄と黒のコントラストが美しいとともに珍品というイメージも手伝って
屋久島特産種(亜種)の中でも特に人気が高いようです。

今夏、3年振りに咲いた吹き上げポイントのリョウブの花に来た本種

屋久島では基本的に伐採を行わないのでトラカミキリ類が這い回るポイントが無く、勢いリョウブや
ノリウツギといった夏の花に訪花しているものを掬い採るという方法しかありません。
屋久島では従来、ヤクネキ等の吹き上げポイントに点在する数本のリョウブの花で採れるのですが、
これらの花は二年に一度しか咲かないので、必然的にクロキスジトラの採集チャンスも二年に一度と
いうことになっていました。

ところが、昨年「咲くはずだった」ポイントのリョウブが何らかの理由で咲かなかったことから、
一昨年、昨年と二年に渡り採集チャンスが失われており、もしかしたらこの先永久にポイントの
リョウブが咲かずクロキスジトラも相当な珍品になってしまうのではないかと悲観的な見解を
唱える人も居ました。

僕も大いに心配していたのですが、件のリョウブは今夏3年振りに満開となり皆の心配は杞憂と
なりました。
残念ながら時期的には皆が集う「海の日3連休」の頃までは花に虫が集まらなかったのですが、
その後に満開となってからはある程度クロキスジトラも集まってきたので遅目に屋久島入りした人は
殆ど本種を採集しておられるのではないでしょうか。

僕は長期間屋久島に滞在したので久々に二桁ほどを採りましたが、半数は運悪く破損個体でした。
何故か本種は完品率が極めて低く、採集しても高確率で落胆させられる虫です。
いずれ材を当ててビカビカの標本をたくさん並べたいものです。

久々に多産した屋久島のサツマニシキ(2017.8.19)

今夏は屋久島において多くの虫が比較的多産しましたが、本邦最美麗蛾の一つ、サツマニシキも
久々に多く発生して目を楽しませてくれました。
 
メルマガ49号でも詳しく書いたとおり、今年はネキ・ポイントのリョウブの花が3年振りに
開花したのも本種を目にする機会が多かった理由の一つと言えます。
サツマニシキはリョウブの花を好んで訪れるからです。

下は2013年夏、リョウブの花を訪れたサツマニシキ(遠目注意^^)

これは今シーズン、林縁で見つけ思わず採集しそうになったサツマニシキ。
例によって展翅道具等も無いので諦めましたが・・・


久し振りに泡を吹く姿が見たくなり、リョウブの花に来ていたヤツを手に持ったところ。
ぶくぶく、ブクブク、BukuBuku・・・

以前、石垣島で♀を捕まえた際には翅の付け根以外に脚の先端部からも泡が吹き出してビックリ
したことがありましたが、今回は同様に♀なるも泡は翅の付け根部分からしか噴出しませんでした。
亜種が異なるほど産地が隔たると体の構造も違ってくるのだろうか・・・

(参考)
脚の先端から泡を出した石垣島産の♀

本種は4亜種に分かれていますが全ての亜種のビカビカ標本を持っている人なんて居るのかしら。
いずれはその全ての飼育を目論んでいますが、材料集めも含め相当大変そう。無理かな?

今年は少しは採れたキュウシュウハネナシサビカミキリ(2017.8.17)

カミキリ屋さんにとって、サビカミキリ属(Pterolophia)の中のハネナシサビカミキリ亜属
(Pseudale)と言えば沖縄のオキナワハネナシサビカミキリや奄美のオオシマハネナシサビ
カミキリといった割と行き易い島々の種類がまずは頭に浮かぶと思います。
これら一般的な種類なら採集したことのある人は多いでしょう。

しかし、頭に「九州」を冠するキュウシュウハネナシサビカミキリを実際に採ったことのある人は
それほど多くはないと思います。
キュウシュウ云々とは言っても、実は九州本土では相当な高山帯で1頭のみが採れているだけと
思われ、主な分布域は屋久島~トカラ諸島ということになります。

蛇足ですが、九州本土寄りに主な分布圏が無いのは明らかで、「キュウシュウ」ハネナシサビと
いう名称はちょっとどうなのかなと思います。高山帯で採れたという1頭も、もし産地間違いなど
でなければ全くの別種のような気がしてならないのですが・・・

僕は夏の屋久島では昨年始めて採りましたが、今年は虫の発生が全般的に良かったことに関連
するのか5頭ほどが採れてちょっと驚きました。
ただ例年、僕ほどこの時期にビーティングをしたり、細かく虫を探したりする人は居ませんし
例年そうですが今年も他の人が採ったという話は聞きませんでした。

(参考)
昨年の夏、ルッキングで見つけたキュウシュウハネナシサビ♀

今年も採れたのは全て♀で半数は破損しており、生き残り感が強いものでした。
以前に一度だけ訪れたGWの屋久島で♂を採ったことがあり(この時はオオキハネナシサビと
されていた)、本来の出現期はせいぜい6月一杯といったところなのでしょう。

いずれ5~6月の屋久島でも本格的な採集を試みたいと思っているので、個体数の確認や詳しい
生態調査等はその時までお預けです。
ハネナシサビカミキリ亜属の中でも大型種で白紋も大きくクッキリとしてカッコイイ種類なので
コレクション欲も沸きますね。

幾らでも居るフタモンサビカミキリ(Ropica属)に混じって落ちてきますが、慣れないと
見逃してしまう人が居るかもしれません。
右がキュウシュウハネナシサビ♀、左がフタモンサビ♀です。

いずれ初夏の屋久島で新鮮な個体をたくさん採りたいものです^^

地元・阿蘇のヤノトラカミキリ(2017.8.15)

地元が誇る一大ジオラマ・阿蘇地方のマイポイントへ行ってきました。
結果=ヤノトラカミキリ大当たり^^

8月もお盆の頃ですから虫も特殊なものを除いては一般的にシーズンをほぼ終えていますので
予想外の嬉しい誤算、いやプレゼントでした。
確かにヤノトラなら時期的にまだ十分行けますね。

(参考)
2013年夏のヤノトラ採集例

上記ブログ記事を書いて以来の採集なので実に4年振りの本種との再会です。
前回は僅か数頭しか採れませんでしたが、今回はエノキの材がかなり多いこともあり十分な数の
ヤノトラを見ることが出来ました。これほど多くを見たのは大学生時代以来です。

集まっていた材は先般の台風5号により超大木から裂け落ちた太枝(その直径1メートル近く!)、
および途中で折れた別の中木(直径40センチ)の二本。
これくらいの材が無いと多くの個体は寄り集まってはくれないのでしょう。

勿論、交尾しているペアも散見されます。


同時に、シラホシナガタマムシやアシナガオニゾウムシといったエノキをホストとする代表種も
そこそこ見られ退屈しません。


夜に見回れば何か他の甲虫類も居そうな気がしますね。
それも含めあと一度は訪れてみようと思います。
その気になれば数年後にヤノトラの材も一杯採れるでしょう(材が太いので大変か・・・)。

やっぱ、ヤノトラはカッコ良くてエエなあ^^

復活の兆しが見えた? ヤクシマヨツスジハナカミキリ(2017.8.13)

先般配信した南虫ニュース49号に書いたように、今シーズンの屋久島ではここ3年ほどはほぼ
音沙汰が無かった屋久島特産種のヤクシマヨツスジハナカミキリ(ヤクヨツ)が比較的採れたようで
ちょっと安心しました。

本種は基本的に高山帯の住人で、採集者がよく訪れるネキダリス・ポイント(標高5~6百メートル)
でもたまに採れることがあるものの、主な生息域は大体標高千メートル以上にあると思われます。
僕は昨年の屋久島で高山帯を主に攻めたこともあり、今夏シーズンは僅かに2回上ったのみです。
(3リッター、ハイオクガソリン車で頻繁に高山帯へ上るのは金銭的にも厳しいのです・・・)

ヤクヨツの里、標高千5百メートル辺りの高山帯。
ヤクスギに加えてツガなどの針葉樹の大樹がゴロゴロしています。

今回僕は本種が好むヒサカキの花の適期を逃してしまったため僅か数頭を採ったのみですが、
知人二人がそれぞれ1日に二桁程度を採ったとのことなので一定の復活の兆しが見えてきたのでは
ないかと思います。

今回採れた割と大きな♀。

本種はたまにバカデカイ♀が採れることがあり、自体にかつてほどの珍品度は無いにしても
そうした♀はかなり格調の高いものです。

最大級の♀は発生数が多い時にしか得られないので、来年はさらに力強い復活振りを見せて欲しい
ものです。

オオミズアオ屋久島亜種の飼育を開始(2017.8.11)

かなり久し振りの「飼育室から」です^^

7月の屋久島ではナイターにオオミズアオ屋久島亜種が比較的飛来しました。
オオミズアオと言えば全体的に翅の地色が全面スカイブルーの美麗大型蛾として知られますが、
基本的に普通種なので標本箱の面積を相当に食ってしまうこともあり、あまり数多く標本に
されることは少ないようです。

そう言う僕も標本としては型を見る程度、本州産と九州産を1~2頭ずつ持っているだけだったと
思います。
しかし屋久島亜種となるとちょっと話は別。茶色(黄色)味が強く、何時か機会があれば
ビカビカの標本を得るために飼育してみたい蛾の一つでした。

従来飛来してくるのは何時も♂ばかりでしたが、今回図らずもハラボテの♀が飛来したため
急遽飼育を決意。
生かしてビニール袋に入れておいたところ、数十個の大きな卵を残してくれました。

それらは1週間の内には全て孵化、用意したソメイヨシノの葉に迷うことなく食い付きました。
ソメイヨシノは神社や公園など何処にでもあるので、調達が楽なのはとてもヨロシイ^^

早々と2齢、3齢となった幼虫達。

しかし、しかし、しかし、大変なのはこれから。
1匹が食う量はハンパないからイバラの道が待っているのも事実。
これが分かっているから実は今から憂鬱なのよねえ・・・

3齢になると図鑑等にあるような典型的なオオミズアオの幼虫の姿となります。
デカくなるんだ、これが・・・

なお来年度からは南の島に定住するので、思う存分に飼育が出来ます。
「飼育室から」カテゴリーからの発信も頻発すると思うので、飼育ファンの方はお楽しみに^^
勿論、カミキリを中心に甲虫類の幼虫の飼育もやりますよ。

屋久島のドウボソカミキリ2題(2017.8.10)

本土域に最も近い南方の離島、すなわち熊毛諸島には従来、ドウボソカミキリ類は分布の広い
シロスジドウボソカミキリのみが知られていました。

ところが近年、屋久島にドウボソカミキリ属最大種のカスリドウボソカミキリが生息することが
分かり一部でブームとなっています(現図鑑には記載が無いため未だ一般的ではない)。
僕は生息域を独自に見つけ、ここ暫くは毎年採集しています。

ただ今年は屋久島の他の殆どのカミキリが例年より多かったのに対し、カスリドウボソは極めて
少なく僕は僅か1頭を得たに止まりました。全体でも二桁には満たなかったと思われます。

今のところ屋久島における本種の生息域は一地域に偏っており、決して狭いとは思えませんが
何より元々個体数が少ないのです。
分布の最辺境地ではどの種類でもそうなのでこれは仕方のないことかもしれません。本種の南方に
おける最辺境地(つまり南限)、与那国島では確か1頭の記録があるのみと記憶します。

ウダルような7月の暑さの平地でビーティングをやり続ける努力を強いられるので、屋久島では結構
キツイ虫です。
ただホストもほぼ分かったので今後は折に触れて幼虫も探して見たいと思います。

一方、今回の屋久島でこの時期には初めて採ったシロスジドウボソカミキリ本土亜種。
時期が遅いこともあり残念ながら片方の触角が破損しています。

熊毛諸島ではかつてGWの種子島でも成虫を採ったことがあります。
少なくとも本土域(もちろん熊毛諸島でも)では本種は材中で新成虫の形で越冬するため、春には
野外へ出て活動を始めます。
本来7月は活動期間を過ぎているのでこれまでこの時期に見ることが無かったのでしょう。
本種の南西諸島(特に八重山地方)の各亜種は基本的に珍品ですが、5~6月の屋久島ではそれほど
少なくはないと思っています。

ここ数年は珍品のはずのシロスジドウボソ八重山亜種ばかり採っていたので本土亜種の紋様が
とても新鮮。
今冬は忘れずに地元の海岸地方で成虫越冬中のシロスジドウボソを採っとかなきゃ。

いずれにしても、分布的、時期的に得難いドウボソカミキリを2種とも採集出来て面白かった
7月の屋久島でした。

久々に出会ったハスオビヒゲナガカミキリ(2017.8.8)

7月の屋久島では久々にハスオビヒゲナガカミキリに出会えました。しかも複数^^
これまで何度か屋久島で採集していますが、採れない年の方が多く、採れても単発なので
ちょっと驚きました。

これも、今年の屋久島の虫の発生具合が良かったことと関連しているような気がします。
例年発生はしているものの基本的に多いカミキリではないため、通常の年は目に付く機会が
極めて少ないということなのでしょう。
なお本土域では極めて局所的で、僕はこれまで2~3カ所でしか採った記憶がありません。

始めて見た本種の交尾。
昼間だったので動きが鈍く、たまたまこの状態で落ちてきました。
夜間ならスタコラさっさ、あるいは長ーい触角を左右に大きく広げながらプーンと飛んでしまいます。
  

いつの間にか産卵まで終えたようで、気付くと居なくなってしまっていました。
発生期間が短いことも本種に出会い難い要因になっているものと思います。

本種で閉口するのはやはり細くて長過ぎる触角(それが魅力でもあるのだが)で、
採集後は切れ易いし、展足段階では整形も決まり難いのです。
元が完品であっても完全で綺麗な標本が作り難い種類です。残念~

なんとなくホストも分かった気がするので、来年も採れると良いな^^

ウスキアラゲカミキリ、屋久島特産種(2017.8.6)

今期の屋久島では採り難い特産種、珍種ウスキアラゲカミキリが幾らか採れました。
完品の大型ペアが揃いとても嬉しい^^

ホストはクロキで屋久島には多い植物ですが極めて局所的、しかも虫自体がとても少ないのです。
今回材も少し採れましたので、ちょっとは成虫が出てくれれば良いのですが。

なお地元(熊本)直撃かと構えていた台風5号はちょっと東方向に逸れたようで一安心。
(直撃地方の方はごめんなさいね)
6日午前9時頃の進路予定図です。影響圏には入っていますが驚くほど静か・・・

週末までには九州をほぼ過ぎ去るので、地元での夏の採集は来週から開始したいと思います。
ブログ内容は、暫く7月の屋久島回顧および今後の地元採集の二刀流で進める予定です。

また南虫ニュース49号を4日に配信していますが、9月中旬頃からのオークション再開等の
連絡事項も記しているのでチェック方宜しくお願いします。
来年度から南虫ニュースの配信方法を見直しますので、次号以降のご案内にご留意頂ければ
幸いです。

ネットに入ったヤクネキ、そしてアキヤマイの勇姿(2017.8.4)

今年の屋久島ネキ決戦の一コマ。
戦いに挑み僕のネットに敗れた^^ヤクネキ♂(ヤクシマホソコバネカミキリ)そしてアキヤマイ♂
(オニホソコバネカミキリ屋久亜種)の勇姿です。

君達は手強かった。
謹んでその勇姿をたたえよう。

ヤクネキ♂

アキヤマイ♂

この臨場感はポイントでネットを振り仕留め、その場で相手と対面し撮影した者のみがお伝え出来る
ものです(この際、指で摘まんじゃ台無しですよ^^)。

今期のネキ決戦をはじめとした屋久島全般、そして奄美全般に関するメルマガ(南虫ニュース49号)を
本日配信しますので、ご購読者はお楽しみに。
今号も盛りだくさんで長いです^^

蝶・カミキリ・昆虫を楽しむ!(九州・沖縄を中心に) TOP