蝶・カミキリ・昆虫を楽しむ!(九州・沖縄を中心に)

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

低山帯のレインボーセンチコガネ、まあまあの発生(2017.10.17)

ここ数日の九州は雨が続くと共にぐっと気温も下がり、めっきり秋が深くなった感じがします。
今後一週間の天気予報も雨と曇りマークばかりで最高気温も20℃ちょっと。
このまま冬へまっしぐら、なのかしら・・・

天気が崩れ気温が下がる直前、熊本市西部の低山帯(標高150~200m程度)に仕掛けたレインボー
センチコガネのトラップを回収してきました。
結果はまあまあ。どっちかと言えば良かった方かな^^

これが九州本土域におけるレインボーセンチの最西端個体群とも言える面々。
かなり変わっていますよ^^

彩りとしては青と紫、そしてそれらの混合色のみですが、面白いのはツートンの割合が比較的多いこと。
前胸と小楯板が青、エリトラが紫という組み合わせのツートンが結構発現するのです。
ツートンは最美群も含め山地帯のカラフルな「真正」レインボーセンチには殆ど現れず、上記の色の
発現パターンは今のところ熊本市西部におけるこの一画の特徴なので結構貴重と思います。

そしてもう一つの特徴は、山地系に比べ押し並べて一回り大きいこと。
と言うか山地系レインボーセンチが一般的に小型の傾向なのでかなり大きく見えてしまうのでしょう。
色も大きさも様々なレインボーセンチ群。
それぞれをマウントして並べると、とっても「ナイス」なコレクションが出来上がるわけです^^
奥が深くて未だやり切れていませんけどね。

今月の内に天気と気温が好転したらもう一度、これまでやっていない気になっているポイントにトラップを
仕掛けてみようと思います(もちろん低地)。

さてはて、其処のセンチコガネはレインボー群と言えるのか、それともタダセンチの範疇か・・・
レインボーセンチの探求は、いつまで経っても終わりそうにありません。

ありゃ、オオミズアオ屋久島亜種が羽化しちゃった@@(2017.10.14)

昨日のこと、部屋の片隅から断続的に「ガサ、ガサ」という音がしているのに気付きました。
「何だろう?」
どうやら先日ようやく繭を作り終えたオオミズアオ屋久島亜種が入った箱の中から音が聞こえるようです。

箱を開けて中を見ると、一つの繭の中で羽化した成虫が繭を突き破ろうと頭部をしきりに突き当てて
いるのでした。
「え? もう羽化しちゃったの@@」

オオミズアオは基本的に年2化で、去る7月に捕獲した夏型から生じた次世代なので来年に春型として
羽化するのだろうと思っていました。
今羽化したということは、屋久島産は年3化ということなのだろうか・・・

驚くことに結構強固な繭の繊維を僅か数分でかき分けて頭部が現れてきたので、慌ててデジカメを
掴みシャッターを切りました。
ピントが少し外れているのは虫の動きが早く、捉えるのがやっとだったからです。
クシヒゲ状の触角が細いので♀ですね。



頭部が現れると数秒で体全体が脱出してしまったので、僅か数枚の写真を撮るのが精一杯でした。
羽化直後は柔らかい無防備な体なので、天敵に襲われる前に素早く安全な場所を探して翅を伸ばす
必要があることを本能的に知っているのでしょう。

そして本日、新たに3♂が羽化してきました。
これをどう見るべきか。

虫は室内で飼育すると越冬するはずのものが秋に発生してしまうことがしばしば起こります。
今回のケースはこれなのか、あるいは3化目なのかちょっと判断に迷うところです。
屋久島では例えばミヤマカラスアゲハ(の一部)が間違いなく4化していますからオオミズアオが
部分的に3化であっても不思議ではないと思料します。
この辺りは確かめることが困難で、今後の課題にしたいと思います。

羽化した♂。
屋久島亜種らしい、マコトに素晴らしい黄色の翅^^

秋型だろうが異常羽化だろうが、ビカビカの屋久島亜種の標本を入手出来たので、これでイイのだ^^
♂も♀も標本が揃ったので、懸案だった問題が一つ片付きました。

最後に、一部の方への業務連絡です。
今季一回目のオークション出品を次週明けに行うとしていましたが、諸事情から1週間延期して
23日(月)にさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。

1、000記事達成! そしてお知らせ(2017.10.11) 

当ブログは今日で遂に1,000記事を達成しました!
2012年4月7日にブログを開設して以来、ほぼ5年半を費やしての到達です。
通過点ではありますが間違いなく大きな節目ですから、そこそこ感無量ではあります。

この5年半の月日というのは長かったのか、短かったのか。
正直なところ僕にとっては日常、虫人生における日々の様子を掲載しているだけなので、アッという間に
過ぎたという印象が強いですね。
定職を持つ普通の人と違いブログ更新が苦痛のタネになったことなど無く、虫三昧の生活を飽くことなく
謳歌している様をお伝え出来ていると思います。

少なくとも数日おきに記事を更新出来る「ネタ」と「時間」、そして情熱を持てる。持続出来る。
これこそが定職を捨てた「自由人」の真骨頂なのだろうと思います。
その辺の想いは長くなるのでまたメルマガに譲りますが。

そして、ブログで1,000記事を突破、併せて次のメルマガが通算50号を迎えるに当たり、
当方の情報発信のやり方を大きく変えていこうと思います。
詳しくは次号メルマガ「南虫ニュース」でお話しさせて頂きますので、ご留意頂けると幸いです。
(ブログのみ閲覧されている方にとってはほぼ何も変わらないと思います^^)

なお今季の「むしオークション」の出品は来週から行います。
ご関心の向きは週初め頃にオークションサイトをご覧頂ければと思います。

以上では味気無いので、1,000記事目の最後の彩に昨日回収してきた山地系レインボーセンチでも
アップしておきましょう(おしめ替えの際のスナップ。全ての個体ではありませんが)。
これまで期待を裏切ることの無かった優秀なポイントなので、これまで他が芳しくなかった中でも
そこそこの個体数は確保出来ました^^
いずれもオオセンチコガネ(赤色系)が混じっていますが、基本的にレインボーセンチには赤色系が
発現しないのでかえって綺麗かも。

これは南阿蘇外輪山の「最美個体群」。僕が最も得意とするところ。
この最美個体群が生息する一帯は自宅から極めて近く、まるで僕のために居てくれていると錯覚
してしまうこともあり^^

そして阿蘇山直下の「青・紫系が深い」タイプ。これまで熊本地震で登山道が寸断され、2年近く
近寄れませんでした。健在ぶりを拝めて喜びしきり^^

現在、低山系(熊本市内の裏山^^)のレインボーセンチ捕獲トラップを設置中です。
近日中に「あばいて」来ますので、その模様は後ほどアップします。

レインボーセンチのトラップ設置ついでにシルビアシジミ観察など(2017.10.8)

中秋の名月を愛でながら団子も食ったところですが、ここ数日は夏の暑さが戻って来るとの予報が
出ていたので、最後の山地系レインボーセンチコガネのトラップ設置を行ってきました。

今季の(特に新産地を狙った)レインボーセンチの捕獲はあまり芳しくなかったので追加確認は殆ど
行っていなかったのですが、恒例の密度の濃いポイントならまあ大丈夫だろうとタカを括った次第。
(今年はそこでもダメかも(汗))

まずはトラップとなる牛糞の確保のため行きつけの牧場へ。
ここは自宅からは結構遠いのですが、他県からの採集者はまず来ないマル秘ポイントです。
今日も澄んだ青空に牧歌的な風情が漂い、ヨイですなあ^^

地元特有(高知県にも居るが)の品種、褐毛和種(いわゆる赤牛)も健在。母牛の方が人懐こくて
近寄ってきました。こうした牛との触れ合いの機会も来年からは暫く無くなるなあ。
その理由は追々とね^^

阿蘇一帯は牛の放牧が盛んな地域で残された「放牧王国」とも言われますが、実は近年はBSE等の
伝染病の懸念や熊本地震による放牧場の崩壊、畜産従事者の高齢化などによって放牧される牛の数が
年々減っているのが現状です。
一頃糞虫関係の書籍等で紹介されたことなどで各地から糞虫採集者が集まった時期もありましたが、
ダイコクコガネが採集禁止になったことや、前段の事由で放牧がかつてほど盛んではなくなった
ことなどから、他県からの採集者もとんと見なくなりましたね。
(相変わらずレインボーセンチ目当ての人は来るが^^)

糞もたんまり頂いたので、依存的に僅かに生息しているシルビアシジミを探してみました。
もう九州内陸部のシルビアはほぼこの辺りにしか生息していないはずです。

ところが、数年前まではそこそこの数が見られたもののほとんど飛んでいません。
昨年も同様の状況だったのでこの地における今後の生存がちょっと心配ですね。
虫の発生数は数年単位で上下することがあるので今は「底」の局面なのかもしれませんが、今後は
短・中期で留意すべきと感じます。

やっとシャッターチャンスを得た訪花中の♀。
♂は目まぐるしく飛び回り、地面に留まっても落ち着いてくれないのでなかなか被写体になりません。

来年からは暫くこの地のシルビアシジミを見ることは出来なくなりますが、いずれまた大量飼育を
目論んでいるのでそれまでは世代を繋いでいて欲しいものです。

帰路の途中、熊本地震の影響で1年半に渡り通行止めだった阿蘇山への登山道の一つが最近通れる
ようになったので、2年振りに阿蘇山のレインボーセンチを採るべくトラップを掛けてきました。
そのついでに撮った南阿蘇方面のカルデラの様子。あの山並みの奥の方に、阿蘇南外輪山特有の
セダカコブヤハズカミキリが居るんですよ^^(若干のブナ帯がある)

そして、下山後にカルデラを走りながら撮った阿蘇山(さっきまであの中腹に居た)。上の写真とは
カルデラを挟んでちょうど反対側を撮った関係ということになります。

うーん、まさに秋晴れに映える阿蘇カルデラの絶景だなあ。
まだずっと先の話ですが、終の棲家はこの辺りに構えようかと思ったり・・・
(そんなに先の話でもないか^^)

なお低地系のセンチコガネの捕獲はまだいけるので、その模様はまたアップします。

虫の飛来しない、満月の夜(2017.10.5)

昨晩は十五夜、満月の夜でしたね。
最近マイブームの糖質オフを破り、お団子を買ってしまいました^^


無理やり虫の話に繋げると(^^)、こんな夜はナイターには最悪。
鮮明な月明りに遮られ、虫はほとんど幕に寄って来てはくれません。

かつて何度も辛酸を舐めさせられ、今は新月の闇夜を中心にその前後数日間のみナイターを行う
ようにしています。
これは前月の新月に九州山地の高標高地点で行ったナイターの様子。
今夏における九州本土の虫の発生状況はあまりよろしくなかったのですが、それでも闇夜であれば
この程度の虫は集まってくれます^^

今季の甲虫やカトカラを念頭にしたナイター時期も終了しましたが、久し振りにキリガ類やウスタビガ
といった秋の蛾を狙って次の新月には何処かでやってみようと思っています^^

インセクトフェア終了、東京から戻りました(2017.9.26)

去る23日の東京大手町インセクトフェア参加を終え、地元熊本へ戻ってきました。
お世話になった方々に厚くお礼を申し上げたいと思います。

現在は年に一度の上京ですが、僕はかつてちょうど四半世紀を東京で過ごしているのでいろいろ
大都会の勝手は熟知しています。
今になって思うのは、東京って定住ではなくたまーに遊びに行く所としては秀逸だよなあということ。
東京に住んだことが無ければ単なるお上りさんだけど、言わば東京に「里帰り」ついでにちょっと
遊んできました、みたいな感覚で楽しめます。四半世紀と言えばこれまでの人生のほぼ半分ですしね。

人口が過密過ぎず疲れないそこそこの地方都市に住み(勿論其処には優れた採集地が一杯在って)、
たまに勝手知ったる東京に遊びに行く・・・
これって理想的な暮らし方じゃないかなあ。

ただ今回は出発日に色々と問題が勃発。
フェア前日の昼過ぎの便に乗るはずが、機体の整備不良とかでいきなり15分の遅延。
まあよくあるケースですが今回は数十分の遅延を5回ほど繰り返し、二時間近く後に遂に欠航に!
そのアナウンスを聞くやいなや、待っていた百人近い搭乗客は慌てて受付へ猛ダッシュ!
長い列が出来ましたがなんとか前半部に並ぶことが出来、幸いにも空きがあった午後5時の便に
振り替えることが出来ました。これに乗れなかったら翌日のフェアには間に合わなかったからね(汗)。
実はこれも20分ほど遅延し生きた心地がしませんでしたがなんとか離陸。

そして、その機がなんと「虫屋」便@@
幸先が良いのかどうなのか・・・

結局東京に着いたのが午後7時半。しかも雨降りの金曜日のラッシュ時間帯。
両手一杯の荷物を持ち、とんでもない人込みの中を3つの路線を乗り継いで友人宅の最寄り駅に
着いたのは夜9時半。
ホトホト疲れ果て、傘も差せないため友人に駅まで車で迎えに来てもらいました。
ここまで大変な思いをして東京に辿り着いたのは初めてのことでしたねえ。

長い前置きでしたが、やっと大手町フェアの一場面のご紹介^^
今回のフェアでも近年と同様の動向、すなわち人の多さが目立ちましたが、ちょっと違ったのは
「来場者の流れ」。
去年までは開始時刻と共に人が「どっ」と会場に流れ込んで押すな押すなの状態になるのが常でした。
特に会場の入り口に配置されている僕のブース付近はてんやわんやで特に開始時刻から暫くは
出品物をじっくり見て貰うことが出来ない状態でした。

ところが今年は違いました。
主催者側が人を少しずつ会場に入れるという「交通整理」を行ったため、整然とした人の流れが
生まれブースの前に人の塊が出来ることもなく能率的な閲覧をして貰うことが出来たと思います。
これは是非次回以降もやって頂きたいと思いますね。

整然と人が動いた会場の様子。今回は混んでもこの程度。

僕のブースの状況をちょっと(手前の2卓)。
この後ケース類の虫は全てなくなり、フェアが終わる頃は丸々一卓が空いてしまいました。
ご購入いただいた方々に感謝、感謝です。

フェア終了後はいつものようにカミキリ界御大を囲む(という名目での^^)飲み会に20人ほどが
同窓会のように集結し、情報交換をしたり親交を深め有意義でした。
フェアの詳しい模様はまたメルマガに書くことにしましょう。

フェア翌日はさすがに疲れが残っていましたが、滞在させて貰った中野区の友人宅回りで
アカボシゴマダラの幼虫を探してみました。
この外来種は僕が東京を離れた後に定着したので、実際に幼虫を探すのは初めてのことです。

意外にもなかなか見つかりませんでしたが、住宅街の小さなエノキに2cmほどの幼虫を発見。

次の日に訪れた知人宅(杉並区住宅街)付近でもアカボシゴマダラは平気で飛んでいるとのことで、
在住の人には「今更」感が強い虫と思いますが初めてこの虫を身近に感じた一瞬でした。
でもやはり国産の奄美群島産の方が個人的には好きだなあ(来年度から相当やり込む予定^^)。

ではフェアに絡む東京出張(?)報告はこのへんで。

なお、10日ほどまた地元を離れますので次のブログ更新はその帰宅後となります。
そして、今季の「むしオークション」には10月第3週あたりから参戦の予定です。出品は従来通り
月~水曜日に出品、日曜夜に落札という1週間単位で進めますので、ご興味をお持ちの向きはサイトを
チェックして頂けると幸いです。

明日は東京大手町コレクションフェア、これから上京します(2017.9.22)

明日23日(秋分の日)、東京大手町のサンケイビルで行われる毎年恒例のインセクトフェアに
参加のため、これから上京します。

地方から結構大量の荷物を抱えて飛行機に乗り、人込みの中を歩くのはかなり重労働ですが、
今年もまた友人・知人、そして皆様と再会出来ることを考えると足取りもちょっとは軽くなります。
大手町フェアと言えば、虫屋の同窓会みたいなもんですからね^^

パック虫などがギッシリ詰まったカバン。丸々太ったブタさん状態となりました@@
このほかにも標本箱2個を担ぎます(汗)。

当日は例年のように受付近くの第二会場の入り口に居ますので、宜しければどうぞご訪問下さい。
なお、来年度の「南虫クラブメンバー」(有料サービスです)の先行募集も行います。
ご興味をお持ちの向きはご遠慮なくお声掛け頂ければと思います(チラシも用意しています)。

いつもメルマガでしか募集しないので、未購読の方で気になっていた方はチャンスですよ^^
(後日メルマガでも募集します)
来年度からは暫く某島に在住するので、南虫クラブもかなり面白くなると思います。

では、フェアにてお会いしましょう^^

7月の屋久島、ビーティング・カミキリおよび訪花・カミキリ(2017.9.20)

7月の屋久島シリーズ、まだ続きます^^
台風18号通過後の天気が安定せず採集にも出れないし、東京大手町コレクションフェアの準備で
家にカンヅメだしね。

まずはビーティングで落ちたカミキリ達。

ヒメアヤモンチビ
齧っていたと思われる枯れ葉と共に落ちました。あまり多くないので個体数を得るのは苦労します。

シマトゲバ
早い時期ならもっと採れるハズなんだけど・・・

セミスジコブヒゲ屋久亜種
奄美でもそうですが、コブヒゲ類は梅雨期を過ぎると極端に採り難くなります。

クマゲヒメヒゲナガ
普通種カテゴリーなるも意外と数は得にくい種。タダヒメヒゲナガの10倍は格調高い^^

オビレ
南西諸島での分布は広いが数は得られない。成虫越冬なので秋だと・・・

ホシベニ
本来は5月がピークの虫なので7月に居るのはオドロキ。屋久島産は淡い赤色となります。

ヤツメ
これも時期が遅く生き残りの♀。屋久島産はカッコイイのでいずれ6月に訪れて一網打尽の予定。

そして3年振りに咲いたリョウブの花を訪れたカミキリ達。
初採集のベニバハナ(大きな♀!)を撮り忘れたのは痛かった・・・

リョウブモモブトヒメコバネ
条件の良い年のみに採れます。今年は2頭飛来。

モウセンハナ
あまり花には来ず、付近をジタバタ飛んでいることが多いです。

サツマスギノアカネトラ
これもこの時期は生き残り感が強い種類。鹿児島本土産と比較すると黒化が目立ちます。

ヤクシマミドリ
リョウブの花の満開後、割と飛来して来ました。こうして見るとカッコイイなあ。

今年は屋久島の虫が多かったことからとても楽しめましたが、撮影出来なかった種類もかなり多かった
ですね。やはり採集に夢中になると二刀流とはいかなくなります^^

来年も虫が爆発していれば良いなあ。

いよいよ繭を作り蛹化を始めたオオミズアオ屋久島亜種(2017.9.18)

飼育中のオオミズアオ屋久島亜種の終齢幼虫がいよいよ蛹への変態を始めました。
現在、ほぼ全てが繭を作り終えて中で蛹化したか、繭の作成中といった段階に入っています。

これは終齢になりたての頃の幼虫集団。餌替え時の一コマ。
巨大モスラが苦手という貴方。虫の楽しさを少々逃しちゃってますよ。

そして丸々と太った繭作成直前の終齢幼虫。中指以上の大きさにまで成長しています。
体がやや透き通った薄い色となり、アゲハチョウ類と同様にドロッとした軟便を排泄したら最終の
喰い込み完了、いよいよ繭の作成準備に取り掛かります。


次の段階になると幼虫は著しく黒化が進み、2~3割体長を縮ませます。
そして適当な場所(ホントにテキトー^^)を選び、糸を吐きながら繭を紡ぎ(つむぎ)始めます。
枝の途中で近くの葉っぱを綴り合わせたり、根本まで下りて糞ガードのティッシュの中に潜り込んで
そのまま綴ったり・・・

これは飼育ネットの壁に接した葉を綴っている幼虫。
緑色だった体色が褐色を帯びているのが判りますね。

上記のように繭を作る場所は様々ですが、クスサン(繭の俗称:スカシダワラ)のように何も無い所に
剥き出し状態で繭を作ることはありません。ヤママユガやシンジュサンの繭に近い感じですね。
繭の状態の例。テキトーの極致^^

餌立てのペットボトルの表面を一部使って作った繭があったので引き剥がしたところ。
透き通った繭の壁面を通して、「く」の字状になった前蛹が見えます。

事故で繭を作り損ねた前蛹をティッシュで作った寝床に転がしておいたら問題無く蛹化しました。
蛹頭部に現れた触覚の形状(クシヒゲ状)から♂と分かります(襟巻のように見える^^)。
♀ならこれが「糸状」となります。


これは蛹化直後の別個体。これも♂ですね。
コロンとした蛾の蛹もカワイイもんです^^(蛾の蛹の形は大体がこんな感じ)

飼育を始めて1カ月半。やっと終わりが見えてきました。
大量の餌の調達はちょっと苦労しましたが、成果物(=繭)が出来てくると充実感で一杯になります。
来春の羽化が実に楽しみ。なんたって屋久島亜種ですから^^

東京大手町コレクションフェア準備、たけなわ・・・(2017.9.16)

台風18号が日本列島を恨むように暴れ回っていますね。
ナニこの縦断(絨毯)爆撃@@
アンタが攻撃すべきは北朝鮮でしょうが!

南西諸島では既に被害が出ていますが、九州地方ももう何日も前から雨模様で次第に風も強まって
いるようです。進路図を見ると直撃は避けられんか・・・
このところ採集にも出れていませんが、この3連休を中心に暫くは風雨に耐え忍ぶことになるでしょう。

で、今の状況。
何時もの事ですが、秋分の日(今月23日)に東京大手町で行われるコレクションフェアの準備に
いよいよ「てんてこ舞い」の状況に入って来ました。
イベントの直前に慌てふためく癖、もう一生治りません・・・

ピックアップした出品予定の標本。
目下展足中。ふう。はあ。あっぷっぷ。

台紙、データ作って、パッキングして、なんやらかんやら。ひっちゃかめっちゃか。
蝶や外国産の選定もやんなきゃなあ・・・

東京出発まであと1週間。
今回もどうやら数日は徹夜になりそう・・・

なお、諸事情で今季オークション出品開始は10月中旬以降になる見通しです。

蝶・カミキリ・昆虫を楽しむ!(九州・沖縄を中心に) TOP